お酒の買取り方法と条件をまとめて見た

Uncategorized

近年、お酒の買い取りを専門的に行う業者が普及してきています。
しかしながら、お酒の査定に関しては、全体的に統一された規定が存在しないのが現状です。それぞれの業者独自の規定に基づき査定を行っているのです。
そのため、売却側の多くは、お酒の買取に際し、買取側が査定基準としているものが何であるのか疑問を抱きやすいものです。
これより、お酒の査定額を決定する際に、買取側が一般的に基準として用いているものは何なのかをみていきたいと思います。

【賞味期限】

お酒の買取の際、業者側が第一に査定基準としているのは賞味期限です。
お酒には賞味期限がなく、いつでも美味しく飲めるものだと思い込んでいる方が多いようです。
しかしながら、他の食品と同様、消費者に美味しく召し上がるってもらうために、しっかりと期限を設けてあるお酒が存在します。

ビールの賞味期限;約9ヶ月間

ただし、しっかりと冷暗所での保管できている場合に限ります。
一般的に、瓶ビールはラベル、缶ビールは底面に期限が印字されています。

日本酒の賞味期限;製造工程や原料により異なる

加熱処理もしくは火入れをして製成する清酒は、一般的に製造から1年以内が期限とされています。
そのうち、原料の精米歩合の異なる吟醸酒や純米酒、製造後に火入れする生貯蔵酒などは製造から10カ月が期限とされています。
生酒は製成過程で加熱処理や火入れをしないため製造から6~7カ月が期限ですが、常温で保存した場合は約8カ月が期限とされています。

ウイスキーの賞味期限;10年以上

ウイスキーは、基本に、一番美味しい時期のものを販売しているため、購入後早めに飲むことを推奨しているようです。
しかし、しっかりと保管できていれば、10年以上経っても品質に変化はないといわれています。
また、ウイスキーは熟成されることで美味しくなりますが、ボトルウイスキーの場合は、それ以上熟成されないため、ボトルに詰められた年が一番美味しく飲めるそうです。

焼酎の賞味期限;基本的になし

焼酎はアルコール度数が高いため、長期保存に適したお酒です。
適切な状態で保存していれば、品質に変化は生じず、いつでも変わらない味を楽しめます。

ラム酒・ブランデーの賞味期限;基本的になし

ラム酒・ブランデーも焼酎と同じく、アルコール度数が高いお酒です。
よって、適切な状態で保管していれば、いつでも美味しく飲むことができます。

リキュール類;原材料により異なる

リキュール類は、商品によってアルコール度数が異なったり、原材料が異なったりします。それに合わせて美味しく飲める期限も異なります。
アルコール度数と糖度の数値とで品質が保てる期間に差が生じます。
すなわち、両者ともが高いリキュールは、数年間もの長い間、美味しい状態を維持できますが、両者ともに低いリキュールは、品質が保てる期間が当然短くなってしまいます。

【保管状態】

お酒の保管状態も買取側が基準としているものの一つです。
コルク栓には微細な隙間があるため、コルクで栓をしてあるお酒の査定額は低くなるのが一般的です。
なぜなら、保管場所の室温が高い場合、微細な隙間から内容物が蒸散してしまい、量が減ってしまうことがあるからです。そうなると、当然、商品価値も低下してしまいます。

もちろん、ワインもコルク栓により蓋をしているお酒ですので、日本のような高温多湿な気候において、常温で保存しているようでは、内容物が蒸散してしまいます。結果的に、ワインの品質が落ちてしまい、商品価値も低下してしまいます。
ただし、日本のような気候でも、ワインセラーでしっかりと保管していれば、内容物の状態が気温の変化に左右されなくなり、商品としての価値は保障されます。その場合、査定額が高くなり、高価買取に期待が持てます。

【外箱・付属品の有無】

どんな商品にも該当することですが、購入時の状態にどれだけ近い状態を維持できているかも、お酒の買取側が査定時に基準としています。
購入時にお酒をパッキングしているものは、いかなるものであろうと査定額に影響を及ぼします。
付属品なども同様に、査定額を左右し得るものですので要注意です。
これは査定に影響しないだろうと自己判断せず、購入時の状態に近いことを買取側にアピールできそうなものは、とりあえず査定時に提出してしまうのが賢明です。

【オークションの取引価格】

ごくまれではありますが、買取側が査定対象のお酒が、オークションでどのくらいの価格で取引されているかを参考にする場合があります。
査定対象のお酒が、輸入対象とされていない場合や、海外での限定販売である場合など、価値を判断し難い場合があるのです。
そういった時は、買取側が商品価値を客観的に査定する基準として、オークションでの取引価格を用いるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました