古酒(長期熟成酒)とはどんなお酒 その定義について解説

Uncategorized

古酒(長期熟成酒)の魅力とは?

酒屋さんに怒られるのですが、古酒の説明を意義づける言葉は存在しないんですよね(笑

お酒はワインなどと違い、日本の古い長期熟成酒は新しい状態で飲む方がおいしいです。もちろんですけどね。。。

意外かも知れませんが、お酒には賞味期限の表示義務はないんです。

お酒のタイプにもよりけりですが、酒造メーカーごとに古酒の認識は一定ではありません。

なので、人づてに聞くお酒の情報は様々だとも言えてしまいます。

有名な古酒で分かりやすく説明すると、沖縄の泡盛の種類の中には『古酒』と呼ばれています。泡盛の一般的な定義は、3年以上熟成貯蔵されていると『古酒』と呼ばれる

例えば、沖縄の泡盛の中には、「古酒」という名のついたものがあります。
泡盛の場合では、3年以上熟成貯蔵されたものであれば「古酒」とラベルに書かれているので、古酒として販売するときはこういった表記をしていても問題ないと捉えてもいいと言うことになります。

日本のお酒ひとつ取っても『古酒』と書かれている文言が明記されているのですが、泡盛との差が明確で特に定められたルールはないので、

さまざまな各酒造メーカーが広義の意味で名乗っているわけです。

というわけで、わたしたちが古酒のことを友達に説明するにも、これといったウンチク話があるわけではないんですね。

ここからは、ここ数年でコレクターに大人気の『古酒』のことを詳しく説明していきます。

えっ〜!昔の飲み物でしょ?
もちろん!安心して喉ごしを楽しんでください!!

『嘘でしょ?チーズとかワインじゃないのに大丈夫なの!』

はい!心配ご無用です。

くどいかも知れませんが、

そうです。問題なくいただけちゃうんですよ(笑

裏話になってしまいますが、お酒には賞味期限といわれている広義的な言葉は存在しないんです。お酒が古くて腐食しているなんて、おばあちゃんに聞いたことないですよね。

わたしたちの日常生活では、毎日食べる飲食物は長い間ストックしていると間違いなく傷んでしまいますが、バクテリアやバイ菌が活動を生命体としての活動のもと構成物の活動するから成分がバラバラになるからなんです。

お酒の最大の要素『アルコール』には堅牢なエレメントが存在するので、このようなバクテリアたちの活動を抑えることができるんです。

ですので、腐食したり菌が増殖したりすることは心配しなくても大丈夫なんです。

本質的な話をしますと、ウイスキーやブランデーなど、ハードドリンク類に限定されますが、紫外線や温かい場所・多湿な場所でなければ半永久的に楽しむことができちゃいます。

アルコール度数の低いお酒なども同じになります。みなさんがよく耳にするワインやシャンパンなどもワインセラーなどで安定した管理をすると数十年ストックしていても、おいしく昔の味を楽しめちゃいます。

逆に、アルコール成分が浸透して長い期間を経るほうが熟味・熟成度が高くなり旨味が増えます。

芸能人・有名人がテレビでも言っているように、高級なワインほど複雑な歴史を経て、わざとワインがおいしくなるように設計されて、昔の面影を飲む人に分け与えてくれているわけです。

レジェンド古酒の値段に驚愕する?

上記で書いていたことを整理すると、古酒を飲みたいひとがたくさんいることがお分かりになっていただけましたね。

どうして古いからお酒ほど高額で取引されているのか?

まじっで〜!古酒の高額取引の真実?

プレミアが付与されちゃいました!

もちろんレジェンドなお酒だと、現代では作られなくなりますからね。

そして、今も作られていたとしても当時とはまた違った工程で作られていますし、コスト的面でも当時のデザインではなくなったりと、

風情が感じられる懐かしさが買ったひとに与えられる感動はどの現存するメーカーは皆無に近いと気づいていただけたでしょうか?

プレミアのある歴史のある古酒は表記・瓶の素材感・感触などで取引きされる金額が違ってきます!

それほど難しくはないですね!

そうです!古いお酒ほどプレミア価格で手放すことができちゃいます。

最後に、古いお酒だと容器がバカラ製や高級な陶器製だということもあり得ますので、容器だけでも買い取ってくれることもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました