飲み残しのお酒の処分の方法 台所で捨てるのはOKなの?

Uncategorized

飲み残したお酒の処分の仕方

基本的に残ってしまったお酒はキッチンの流しやトイレから下水に流すことができます。

でもアルコール濃度が低いビールやチューハイなどなら気になりませんが、アルコール分が多いと心配になりますよね。

ですがアルコールは命にかかわるような危険な液体、ということは無いので安全面からは注意点はありません。

ただ処分するお酒の量が多いときは工夫をしないと、アルコールのにおいが気になることがあります。
何回かに分けて流した方がいいでしょう。

アルコールへの耐性は人によって違うので一概には言えませんが、弱い人は気分が悪くなることもあります。

特にアルコールが多く含まれている蒸留酒のウィスキーや、料理用の洋酒などを捨てるときは要注意です。
流している最中もひどくにおいがしますが、流し終えた後も排水管からのにおいに悩まされることになります。

アルコールは気体になりやすいので部屋中ににおいが広がってしまいます。
家の中にお子さんがいるときは気を付けないと、子供が気分が悪くなることがあります。
窓があるなら窓を開け、ないときは換気扇を回すなど空気を入れ替えアルコールがたまらないようにした方がいいです。

下水のにおいが気になる夏はとりわけ気を付けてください。
あまり気にかけている人は少ないですが、下水は見えないところで繋がっているので、
流したところとは別の水場からにおうこともあります。
アルコールを流したあとは別の部屋の水まわりのにおいもチェックしておきましょう。

手っ取り早いのは買取サービスの利用

早く処分する必要があるときや、面倒なのが嫌という人はお酒の買取サービスを利用することも一つの選択肢です。
昔とは違い法律に引っ掛かからなくなったので、おすすめです。

お酒の買取専門店

急な引っ越しなどでお急ぎの方は、まとめて売ってしまう方が手間も時間もがかからないので買い取りに
出してしまうのが効率的です。

昔はお酒の買い取りというのは法律で禁止されていましたが、個人からでも不要なお酒に限って処分の代わりに
買い取るというサービスがあります。
お酒の売買は法律が厳しいですが、個人から不要なお酒を買う場合は大丈夫です。
継続的でなく、個人が持っている範囲の量なら買い取ってもらうことができます。

ただし注意した方がいい点があります。
ワインなどは時間が経つと熟成して価値が上がるものもありますが、日本酒やビールはおいしくなくなってしまいます。
そのため、古すぎるものは買い取ってもらえません。もちろん新品であることも買い取ってもらえる条件の一つになります。

捨てる酒の量が多いときは自分で家で流すよりも、買取サービスに出した方がずっと楽です。
お金になりますし、お酒のにおいを恐れる必要もありません。とても便利なサービスですね。

無害とわかっていてもお酒を下水に流すのはいい気がしないものです。
それに数が多いと大変です。

買取に出す方法もいくつかあります。液体で重いので、女性や自動車がない方は買取店舗まで運ぶのも一苦労でしょう。
知っている人は少ないと思いますが、スマホから手続きができる宅配買取サービスがあります。

ただ、瓶のお酒は割れないようにプチプチシートでくるむなどするのは忘れないでくださいね。
集荷を依頼すれば家から一歩も出ずにお酒の処分が終わります。

お酒の買取をやっているお店

お酒の買取専門店の違い
「お酒の買取に違いなんてあるの?」と思うかもしれませんが、査定額はお店によって異なるんです。

お酒の価値をしっかり査定してもらうことも高く売るために重要ですが、それ以上にその後の売却ルートを
たくさん持っているお店を選ぶことが大切です。

生産数が少ないお酒や、年数がたっているワインなど希少価値が高いお酒はコレクターに需要があります。
こうした知識も頭に入れてお店を選んでみてください。

先ほど挙げたような価値のあるお酒しか扱わないお店や、オールマイティーに買い取ってくれるお店など
いろいろあるので利用するときは目的に合ってお店を選ぶといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました