門外不出のお酒を売り払う時に役立つ高価査定の手法をアドバイス

Uncategorized

ここだけの話ですが、まだまだ大事なお酒を他人に譲ること事態は、私たちの間ではまだメジャーではないようです。

ましてや、飲食の部類に入る入るお酒そのものを『お酒オンリーな買い取り屋さん」に持ち込まなくてはいけませんからね(笑

たしかにそうかも知れませんね!リサイクルショップ等であっても、レジェンド級のプレミアの付いたシャンパンだとかブランデーは売ることができるのは最近だとメジャーになってきましたが、お酒オンリーの業者は少なく私たちが思っているより業者も専門的な勉強をそれほどしているわけではないですからね。

勘づいている方もいらっしゃるかと思いますが、お酒買い取りオンリーではないですから買い取り相場も安価でまだオススメできるほどではありません。

そこまで難しくはないのでよく読んでみてください。
時間も労力もそこまでかからないですよ。

・宅配買い取り「ご自身で作業をしてダンボール梱包で商品を引き取りにきてもらう方法」
・出張買い取り「査定をしに家まできてもらう」

住んでいる環境などもさまざまですので、無理のないように選択していただくのがベストな方法にはなりますが、プレミア価格の付いていない微妙なお酒では自宅まできて「出張買い取り」をしてくれないこともあるのが現実です。

ですので、手っ取り早いベストな方法は「宅配買い取り」に依頼して査定しにきてもらうことが労力もそれほど使わなくてベストな方法になってきます。

宅配買い取り&出張買い取りがとてもベンリすぎるわけとは?

 

ここまでの話を要約すると、宅配買い取り&出張買い取り業者が家まできてくれるなんてとっても楽チンだと感じませんか!

栓を抜いてないお酒などは内容量がパンパンですので、お世辞にも軽くはありませんね。車があるひとでも運搬にとても労力がかかっちゃいます。

どうしてもプレミア価格で売買したいのでしたらオークションやフリマアプリなども便利なのですが、詳しくお酒のことを知らないひとに売りたくはありませんね。その上、配送までの労力が結構必要になってきます。

もう1度、気持ちを整理してみてください。
宅配買い取り屋さんに買ってもらうことがベストだということなんです。

買い取り屋さんに負けない為に、お酒の知識をおさらいしましょう!

現役No.1のドンペリの圧倒的なプレミア感

大事なお酒を売るときに頭に入れといて得する知識を話しちゃいます。

プレミア価格で最高値で買い取ってもらう方法などを教えちゃいます。

状態・プレミア感バリバリであれば相場なんて関係ない!

歴史あるワインなどは、その時の流行り廃りの中で相場が安定しないことあるのが事実です。例えば製造・貯蔵されたことが今年だと、区切りの良い年代ということでプレミア価格が付いたりすることもあります。

えっ〜!うっそでしょ! プレミア付いちゃった!

アルコール類の売買でもセレブが好んで有名になったもののように、そのときの保存している状態で売買する値段は変動したりします。

なので、お酒の外観などを綺麗に保っておくことで、手放すときに満足のいく値段で売っちゃうこともできたりします。

血迷っても『ホコリでくすんだ状況で査定にはだしてはいけません』

今からお酒を買い取ってもらうのですから、できる限り綺麗な外観で手放し欲しいものです。
(安価に金額で売るのって悲しくなるじゃないですか)

当時の箱も、歴史も想い出も買い取ってもらう方法

 

良く聞いてください。レジェンド級のプレミアな高級酒になると、それに伴う外箱なども自然に付いてきちゃいます。

外箱が付属してくる部類のお酒は、絶対に外箱の同時期に査定してもらう方が高値がつきやすくなります。

オマケなども付属品として残っているのなら、ミニボトル&ストラップたちも同時に査定してもらうことがベストな選択になるんです。

プレミア感バリバリのシャンパン・ブランデーなどは外箱もマニアが○万円でヨダレものになる(笑

ご存知のかたも多いかと思いますが、プレミアシャンパン・プレミアブランデーなどは見惚れるほどの化粧箱も付属してることもあります。

そうです!『外箱だけで数千円〜数万円ほど』に生まれ変わってくれる可能性(大

お酒は瓶と内容物だけでいいなんて誰が決めたんでしょうか?
そんなもったいないことをしたら損ですよ。高額取引されているお酒ほど当時のままで買い取ってもらいましょうね。

お酒が腐らない? おいしく飲める期限なんて存在する?

たしかにお酒は保存性がいいので腐らない飲み物ではあります。これはまぎれもない事実です。

事実、賞味期限が明記されていないお酒もたくさん存在し、一回でも栓を開けてから適切に保存されていれば、ロングランでおいしく楽しめるお酒も存在します。

本来お酒は開封してなければ、それほど心配しなくても保存できるのが最大の利点ではあります。

ストレートの近い強いお酒ほど、腐食しにくくバクテリアの心配もしなくていいのでロングランでお口に安心して運べるんですよね。

ここまで読んでいただいた方は、もうお分かりですね?
そうなんです! 買い取り屋さんは期限が喪失しているお酒でも買ってくれるんです。

あなたのお家を見渡してください。光り輝くオニューのお酒があると高く売れるんです。

ワイン・ブランデーも年代によってプレミアになる?ならない?

当然の話ですが、私たちがお酒以外の中古品商品は経年劣化で価格は低下することが多いですよね。

ですが、ワイン・ブランデーは、マニア必見のヨダレものに化けることもあるんです。

同時期に収穫されたワインでも、6〜12ヶ月違うだけで全く別物の味覚・ノド越しになることもあり得るんです。

シンプルにいうと、古いワインの方がプレミア価格で取引されることは不思議ではないんです。

一般的に寝かした方がプレミア価格がつくなんて安易に想像しちゃいますが、これは誰にも先読みできることでもないですし、どのワインがプレミア価格になるなんて予想できないのが普通です。

ターゲットとしては、プレミア価格で取引されるような商品は、製造された当時から人気のあった商品が多いのが現状です。

古酒のオーナーさんとしては難しい場面ではあるのでが、値打ちがでるまで保存することは強くオススメできないのが事実になります。

まとめ

私たちは『お酒の売買』のことを熱心に調べてなかったのですが、最近ではこのタイプのサービスが少しづつではありますが浸透してきている
ことも情報として認識していただくとかなり「お得」になれると感じています。

これから『お酒を買い取る』サービスがマスコミなどでピックアップされていきますので、お家にある古酒は決して廃棄しないでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました