20歳以下でも大学生ならお酒を購入したり、飲酒しても良いの?

Uncategorized

■未成年大学生に関するお酒事情

 

皆さんはお酒を購入するとき、どこで購入していますか?
スーパー、ドラッグストア、コンビニ、自動販売機…購入できる場所はたくさんありますね。

高校を卒業し、大学生になった方の中にはお酒を飲む機会があるかと思います。
お酒はどこにでも売っていて、簡単に購入できるため、未成年者がお酒を購入しても大きな問題にならないと思っている方も少なからずいるはずです。

しかし、20歳以下の飲酒は法律で禁止されています。

20歳以下であっても大学生ならば、お酒を購入しても良いのか、飲酒しても良いのか、そんな疑問にお答えしていきます。

 

 

■20歳以下の者がお酒を購入したいときには?

 

 

先程の項目でも述べた通り、20歳以下の飲酒は法律で禁止されています。
この事は「未成年者飲酒禁止法 第一条」に記載されており、違反するともちろん罰せられます。
この法律は第一条から第四条まであり、20歳以下の者が飲酒することを禁じているだけではなく、20歳以下の者にお酒を売ることも禁じています。
未成年者へお酒を販売することを防ぐための措置として年齢確認を行うことも、きちんとこの法律に明記されているのです。
お店でお酒を購入する際に年齢確認をされるのはこういった理由があるからなんですね。

しかし、中には法律で禁止されていようが、お酒を購入したい!とインターネットで方法を調べる未成年の方もいるでしょう。
検索してみると未成年者でもお酒を購入できる方法として様々な情報がズラリと並んでいます。

セルフレジなら大丈夫、個人の店ならば大丈夫、等々…

これらの情報は全て嘘です。

鵜呑みにしてしまい、実際に行ってしまうと法律違反となりますので十分気をつけましょう。

 

 

■徐々に厳しさを増している取り締まり

 

 

近頃、未成年者の飲酒に絡む事件が数多く起きています。

そのような背景もあり未成年者の飲酒はどんどん厳しく取り締まるようになっていきました。

次の項目では取り締まりが厳しくなるきっかけとなった事件をいくつかご紹介します。

 

 

■大学で起こった未成年者の飲酒による事件

 

 

2014年6月20日 明治大学 クライステニスクラブ

他大学との合同懇親会にてアルコール度数の高いお酒を一気飲みするなどし、男子学生2名が緊急搬送されました。

参加した学生34名の内21名が未成年者でした。

緊急搬送された学生は2名とも成人していましたが、未成年者の学生も複数名、泥酔状態で倒れ込んでいました。

幸い学生の命に別状はありませんでしたが、命を脅かすほどの危険な飲酒であったことは間違いありません。

この事件を受け、未成年者の飲酒を一層厳しく取り締まるようになります。

それでも未成年者の飲酒事件はなくなりません。

 

2015 年12月16日 京都府立大学 生物研究会

 

部室内で飲み会をしていたところ未成年の女子学生が意識消失し、緊急搬送するも帰らぬ人となってしまいました。
この日、学生らは授業終了後に男子学生、女子学生合わせて10名程で飲み会を行っていました。
女子学生は紙コップ2杯ほどのウイスキーを飲んでおり、亡くなった原因は急性アルコール中毒だったのです。

上記の事件以外にも急性アルコール中毒で命を落としている学生はたくさんいます。
さらにこんな悲惨な事件も起こっています。

2016年9月2日 慶應大学 飲酒集団強姦事件

 

 

懇親会で未成年の学生に対しお酒を飲ませていましたが、その続きもありました。

同日別な場所になりますが、海の家の撤収作業のため、6人の男子学生が合宿場に宿泊、そこへ未成年者である女子学生を呼びました。作業終了後にお酒を飲むことになり、未成年の女子学生にもお酒を飲ませ、酩酊状態の女子学生に集団で襲いかかり、その様子を撮影していました。

この事件はまだ記憶に新しい方もいると思います。

東京大学でも同じような事件が起き、院生5人が逮捕されています。

このように大学生の飲酒に関わる事件が後を経たないことから、取り締まりがさらに厳しくなり、全国のコンビニでは年齢確認と身分証の提示をしなければお酒を購入できなくなりました。

 

 

■まとめ

2019

この記事では20歳以下の大学生がお酒を購入できるのか?という疑問にお答えしてきました。

大学生になると高校生活までのように縛られることもなく、とても自由に感じるものです。
だからと言って未成年である内はお酒に手を出しては絶対にいけません。

例え先輩に誘われても誘惑に負けず、はっきりと断りましょう。
うっかり誘惑に負けてしまうと法律違反で罰せられてしまうことを忘れてはいけません。
飲み会の場もあるかと思いますが、20歳になるまではソフトドリンクを飲みましょう。
焦らなくても大人になれば色々なお酒を楽しむ事ができます。

また、自分の身を守るためにも怪しいサークルへの加入は十分に気を付けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました